審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

当サイトは広告代理店が運営する消費者金融情報&ポータルサイトです。
主に様々な理由から大手消費者金融では借りられない方のために審査に通り易い中小の消費者金融を紹介しています。

他サイトでは紹介されていない、かなり借り易い小規模の消費者金融(街金)の申込窓口を掲載しています。また常に新しい(借り易い)消費者金融と提携してご紹介しています。

ブラック、多重債務、携帯代の未払い、ローンの滞納、フリーター、専業主婦の方など、大手消費者金融ではなかなか借りられない方むきの有益な消費者金融情報を提供しています。

借り易い消費金融会社リアルタイムランキング

以下は当サイト「街金ポータル」での審査通過率(融資実績÷申込件数)ランキングです。各消費者金融に直接お申込みすることもできるようになっていますので是非ご利用ください。

ご融資ドットコム

名前的には相談窓口のようですが、れっきとした貸金業者(消費者金融)です。当サイトがご紹介する消費者金融では常にトップクラスの融資実績を保っています。自信をもってオススメできます。


エス・ジー・ファイナンス

審査最短30分、即日振込も可能な消費者金融です。急ぎでお金が必要!でも大手消費者金融からは借りられない!と言う人の駆け込み寺的存在です。定期収入がある方ならどなたでもお申込みできます。


キャッシングエニー

エニーの1dayローンやおまとめローンはとても借り易いと評判で、実際当サイトからの審査通過率も相当なものです。「エニー」「ご融資ドットコム」「エスジーファイナンス」の3社は、他社で審査に落ちた方、多重債務のおまとめをしたい方には絶対にお試しいただきたい安定のトップ3です。


マンモスローン

おまとめフリーローンの即振込の実績が当サイトがこれまで紹介してきた消費者金融の中でもトップクラスです。比較的高額な限度額のおまとめ希望の方には是非お試しいただきたい消費者金融です。


ユーファイナンス(関東限定)

関東在住の方しかご利用いただけませんが、ユーファイナンス独自の「ビッグローン」プランでの、借り換え、おまとめの審査通過実績が非常に高い消費者金融です。大手消費者金融で審査に落ちた方には特におすすめです。生活を立て直す機会を与えてくれる消費者金融です。

大手消費者金融と中小消費者金融なら借りられる理由を具体的に解説

貸金業界では「消費者金融は知名度と審査の厳しさは比例する」と言われています。

これはつまり、テレビCMでもお馴染みのモビットやアコム、プロミス、アイフル、レイクといった知名度の高い消費者金融は非常に審査が厳しく、知名度が低くなっていくにつれ審査が甘くなっていくということです。

実際、2010年にグレーゾーン金利が撤廃され、大手消費者金融が次々と銀行と合併してからというもの、もともと審査が厳しかった大手消費者金融の審査が更に厳しくなりました。

今はこの大手5社のうち、どこか1社でも借入れ中だと、別の4社のどこかから同時に借りるということはまずできません。フリーローンなら可能性はありますが、カードローンはまず無理です。

参考:フリーローンとカードローンの違い

下手に審査の厳しい消費者金融で同時に借入れしようとすれば、借りれないばかりか、たちまち申込ブラックになってしまい、もともと借りていた方の消費者金融からも締め付けが強くなることもあります。
(例:モビットから借入れ中にも関わらず、プロミスにも借入れを希望すると、プロミスの審査に落ちるばかりか、もともと借りていたモビットからも限度額の縮小などの締め付けを受ける場合があります。)

[参考:大手で借りる場合は申込ブラックに注意]

そのぐらい現在の大手消費者金融の審査は厳しくなっています。

では大手消費者金融の審査に通らない人はどうするのか?はい、そうですね、借入れ先を徐序に知名度の低い消費者金融に下げていくわけです。

与信スコアリングがあるのに大手で審査に落ちて、中小の消費者金融なら審査に通る理由

でも消費者金融は与信スコアリングという個人のデータ共有していると聞きました。だったら大手消費者金融も中小の消費者金融も同じデータを元に審査しているということになるので、大手でダメなら中規模の金融会社も、小規模の金融会社もダメなんじゃないですか?

与信スコアリングについては[こちらの記事]を参考にしてください。

なるほど、ごもっともなご指摘です。

ただ、中小の消費者金融が大手消費者金融と同じあなたの借入れ状況データを保有していたとしても、その審査基準は違います。

よく考えてみてほしいのですが、大手と中小の消費者金融の審査が同じなら中小の消費者金融の存在意義がありません。

こう言ってはなんですが、中小消費者金融は、大手で審査に落ちた人、もしくは元々借りれない人など、いわゆる “おこぼれ” を相手に商売しなければやっていけません。そうでなければ中小の消費者金融は存在することすらできないのです。

そしてこれは大手だけでなく、中小消費者金融の中でも、その知名度の違いによって以下の図のようなピラミッドができます。

この図は正に「消費者金融は知名度と審査の厳しさは比例する」を表してします。

そして当サイト「街金ポータル」では、より多くの方に借りていただけるように、上の図でいうところの3段目ぐらいから最下段ぐらいまでの消費者金融をご紹介しています。

実際、上の図で2段目ぐらいのレベルの消費者金融ではブラックや多重債務の方はほぼ100%審査に通過しません。
上の図で2段目レベルの消費者金融は、はじめての借入れではあるが、仕事がアルバイト、もしくは正社員ではあるがまだ勤続日数が短い人などが利用するレベルの消費者金融です。
確かに大手5社よりは審査は若干緩いものの、とてもではありませんがブラックや多重債務、赤字の会社の経営者が借りられるようなレベルではありません。

3段目ぐらいのレベルでようやく、他社で借入れ中の方や、過去に借金の滞納があった方、携帯代の未払いなどがある方でも借りられるレベルの消費者金融になります。

ちなみに当サイトで紹介しているスマホ専用申込窓口は、あなたの状況に合わせて上の図でいうところの4段目から最下段の消費者金融まで臨機応変に紹介しています。だから多くの人が審査に通るわけですね。

更に平日早朝だけ申し込める窓口は、5段目~最下段だとお考えください。
最下段だと自己破産経験者の方でも現在の状況によっては借りられる場合があります(絶対ではありません)

また「借り易い消費金融会社別ランキング」で紹介している消費者金融は3段目~5段目ぐらいだとお考えくさい。

更新日:

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.