審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

金融お役立ち記事

ブラックにはフリーローンがオススメ!カードローンとの違い

更新日:


テレビCMでアコムやモビット、アイフルといった大手消費者金融が「カードローン」という言葉をよく使ってますよね?
そのせいもあってか「カードローン=消費者金融でお金を借りること」と思っている方もいるようです。

まあそれも間違っていはいないのですが、カードローンというのはあくまで融資の方法の一つであって、カードローンだけが融資ではありません。

と、言うより、そもそも小さな消費者金融(街金)にキャッシュディスペンサーはありませんよね?
キャッシュディスペンサーが無いということはカードそのものが無いということですから、根本的にカードローンが成り立ちません。

じゃあ、どうやってお金を貸すのか?

フリーローンという言葉を聞いたことはありませんか?

実は消費者金融の融資方法には大きくわけでカードローンとフリーローンというものがあり、多くの場合、ブラックや多重債務者のおまとめに適しているのはフリーローンなんです。

というわけで今回は、より確実にお金を借りていただくためにカードローンとフリーローンの違いを解説します。
なぜ大手消費者金融の審査が厳しいのか?なぜ借りやすいのは中小の街金のフリーローンなのか?をご理解いただければと思います。

大手消費者金融がメインに扱うカードローンとは?

毎月決められた金額を返済してさえいれば限度額までならカードで何度でもキャッシュディスペンサーから引き出せるのがカードローン。つまり「5万返して10万引き出す」なんてこともできてしまいます。そのためなかなか借金が減らないことも…返済期限は設けられています。

カードローンとは、毎月決められた金額を返済してさえいれば、限度額までならカードで何度でもお金の出し入れが出来る借入れ方法です。
全額返済期限はあります。

どういうことか例をあげて具体的に説明します。

例えば

限度額:50万円
毎月最低返済額:5万円

だとします。

この場合、カードローンなら毎月5万円を返済(と言うより入金といってしまっても良いかも!?)してさえいれば、限度額の50万を超えなければいくらでも引き出せます。

つまり、借金の残高が20万円まで減っていたとして、今月5万円返して借金の残高が15万円まで減りました。が、ここでまた急な出費が必要になり、限度額一杯の35万円を引き出すといったことが出来てしまうわけです。

このようにカードローンは毎月の返済額以上のお金を引き出すことも可能になるわけですね。
もちろん全額返済の期限は設けられていますから、永遠にこういったことが続けられるわけではありませんが、急な出費の時にはこのカードローンのシステムは非常に助かります。

反面、いつまでたっても借金が減らないという自体も起こりやすくなります。
そのため、カードローンは多重債務のおまとめには向いていません。

というより、ブラックや多重債務者がカードローンの審査に通過すること自体があまりありません。

またカードローンは、当然ながらカードとカードが使えるキャッシュディスペンサーが必要ですから、基本的に大手~準大手の消費者金融しか導入していません。

例外として「ユニーファイナンス」のように、中規模の消費者金融でも「FITカード」という汎用性のあるカードを発行してカードローンプランを用意しているところもあります。
このユニーファイナンスのFITカードはプロミスのキャッシュディスペンサーでも使えるためとても便利です。
もちろん審査はプロミスよりも緩く、大手消費者金融でカードローンの審査に落ちた人でもユニーファイナンスのカードローンなら借りられる可能性はあります。(プロミスと同じ審査なら、そもそも存在意義がありませんよね!?)

ただし、手軽に借りられるというカードローンのシステムの性質上、貸す側も過去に返済に失敗したことのあるブラックや多重債務者を審査に通すことはなかなかありません。
ユニーファイナンスのカードローンも、プロミスやモビットといった大手消費者金融よりは審査に通る可能性はあるものの、本物のブラックが審査に通るかと言えば現実的にはなかなか難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのがフリーローンです。

ブラックの過去・多重債務のおまとめに最適がフリーローンとは?

一度にお金を振込んでもらったらあとは毎月定めれらた金額を返済するのみ!余裕があれば定められた金額以上の金額を返済して完済を早めることができます。

フリーローンは、はじめに融資額全額を借りてしまい、あとは毎月決められた金額を返済するのみ、という融資方法です。
なお、毎月決められた金額というのは、あくまでその月の最低返済額で、返せるようならいくら返済しても構いません。
どちらかと言えばフリーローンこそ純粋な「借金」と言えるでしょう。

ではまた具体的に例をあげて説明します。

例えば

融資額:50万円
毎月最低返済額:5万円

だとします。

この場合、審査に通過して時点で、50万円全額あなたの口座に振込まれます。
あとは毎月5万円ずつ返して10ヶ月(実際は利息があるので11ヶ月~12ヶ月になります)かけて完済するか、または借りた翌月に50万全額返してしまうか、または5万円⇒15万円⇒10万円⇒5万円⇒10万円⇒5万円+利息と5ヶ月で完済するかは自由です。

なお、フリーローンはカードは発行されませんので、毎月振込みで返済することになります。

フリーローンのシステムは、カードローンのように途中で引き出すことができないため、返済のみに集中でき、借金を確実に減らしていけるのがメリットです。

そして消費者金融側も貸したお金を回収しやすいために、借入れ審査基準も緩くなり、ブラックや多重債務者への融資もしやすくなるのです。

ただしフリーローンといっても、その形式や条件はさまざまで、
たとえば銀行のおまとめローンもフリーローンですが、銀行の場合は保証人や不動産などの担保が必要になります。

しかし、当サイトでご紹介している中規模以下の消費者金融(=街金)のフリーローンは保証人も担保も不要です。
金利も最高でも年利18%ほどで、法定金利の20%を確実に下回っていますから返済も楽になるはずです。

カードローンとフリーローンのまとめ

カードローンとフリーローンの違いはお分かりいただけたでしょうか?
両者の違いをまとめると

カードローンの長所は
・限度額までならいつでも引き出せて便利

短所は
・なかなか借金が減らない自体になりやすい
・審査が厳しい

フリーローンの長所は
・審査が甘い
・返済計画がたてやすい
・借金を一本化することで返済も精神的にも楽になる

短所は
・返済のみで引き出せない

となります。

これまで消費者金融の審査に落ちてきた人は、貸す側にとっても回収するハードルが低いフリーローンを選らぶことで確実に審査通過率は上がりますよ。

-金融お役立ち記事

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.