審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化で損した人の体験談と優良店の紹介

投稿日:

現金を作る方法の一つとして、当サイトでも情報を提供している「クレジットカードの現金化」ですが、業者選びを間違えると換金率が5~7割になってしまうことも珍しくありません。

この記事では「買取式」のクレジットカード現金化で業者選びを間違えて損をしてしまった人の話を紹介しながら、現金化の正しい業者の選び方をご紹介します。

買取式のクレジットカード現金化の失敗例

まず、クレジットカードの現金化は「キャッシュバック式」と「買取式」が存在することを
以下のページで確認してください。

参考記事:キャッシュバック型と買取型のクレジットカード現金化の方法の違いとは?

買取式で失敗して人の実例は以下になります。

クレジットカードの現金化業者にネットから申込みした後、先方から電話がありました。
そこで言われたのが「換金率は7割ぐらいです」とのこと…ホームページには8割~9割と書いてあったので、そのことを伝えると「最近は8割以上の換金率は厳しくなっている」と言われました。

私も急ぎでお金が必要でしたし、「まあ、そんなものなのか」とOKしてしまったのがいけなかったと思っています。

現金化業者からはある電化製品を買うように指示がありました。

私は言われた通りにその電化製品を購入し、現金化業者に指定した住所に発送しました、すると約束通りの金額が私の口座に振込まれました。ただし手数料が引かれており、実際には還元率は6割半ばでした。

これなら自分でヤフオクやメルカリで売ったほうが得だったのでは?と後悔しました。

買取式は換金率が低い業者が横行している

この例は典型的な現金化の失敗例と言えます。

クレジットカードの現金化は「キャッシュバック型」と「買取型」がありますが、実は「買取型」の方が法律的に規制が緩く、参入しやすいためにこういった業者が増えすぎてしまっていると現状があります。

また、困ったことに「消費者金融の審査にも通らない、でも今すぐにでもお金が必要」という人は、それこそ闇金から借りることもじさない勢いですから、闇金の利息を考えれば10万円のショッピング枠で7万円の現金を手にすることが出来ればOK、という思考になってしまっており、そういう “お金に困っている人の心理” をついた低い還元率の買取式のクレジットカード現金化業者が横行してしまっているというのもあります。

今回の実例の方は換金率7割でしたが、実はこれはまだ良いほうで、中には換金率が5割程度の業者もあると聞きます。

買取式のクレカ現金化業者は店舗数が多く、選択肢は広がるものの、その分初心者が優良な業者を見つけるのは至難の業です。

また、優良なクレカ現金化業者でも、タイミングによっては、どうしても高く買取できる品物が無いということもあるので、換金率に納得できなければ断るという勇気も必要になってくると思います。

クレカ現金化の換金率を優先するならキャッシュバック型

「買取式」の換金率に不満なら、「キャッシュバック式」のクレカ現金化業者を利用するのも手です。

ただし、先に申し上げておくと、キャッシュバック式のクレジットカード現金化業者は消費者庁にも問題視されており、今後どのような展開を見せるかわかりません。

たしかにキャッシュバック式の法の目を掻い潜るようなシステムは決して褒められたシステムでは無いと思います。

ただ、現状は、換金率の面において、また、なりふり構わずどうしてもお金が必要な人にとっては、キャッシュバック式のクレカ現金化のメリットは大きいと言わざるを得ません。

なお、キャッシュバック型のクレジットカード現金化業者ならこちらの業者をおすすめします。

ゴールドラッシュ

「ゴールドラッシュ」は実績のあるキャッシュバック型のクレジットカード現金化業者です。

まとめ

「買取式」のクレジットカード現金化業は新規参入しやすいため、悪質な業者も多く、業者選びを間違えると損をしてしまいます。
また、優良な業者であっても時期によって換金率が変動することがあります。

最近になって優良なクレカ現金化業者が「アマゾンギフト券」の買取を取り入れているのは、安定した換金率を維持するためでもあるようです。

当サイトのランキングにランクインしている買取式のクレカ現金化業者も、最近は積極的にアマゾンギフト券の買取を行っていますから、一度参考にしてみてください。

-クレジットカード現金化

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.