審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

金融お役立ち記事

消費者金融の時効の援用はハードルが高いという悲しい現実

更新日:

借金の返済で悩んでいる方が一度は調べたことがある「時効の援用」。

「時効の援用」とは消費者金融での借金には時効があり、一定条件を満たせば返済義務がなくなることをいいます。

ただ「借金には時効がある!返済せずに逃げ回りながら時効がくるのを待っていれば借金が無くなる!」と簡単に考えているのであれば、残念ながらそういうわけではありません。

実際は消費者金融の時効を成立させるのは非常にハードルが高く、残念ながら弁護士に相談してもなかなか成立しないのが現実のようです。

今回は時効の援用がなぜ難しいか?その理由を紹介します。
逆に言えば、ここで紹介する条件をクリアできれば時効を成立させることもできるかもしれませんよ!

さまざまな借金の時効

借金の時効は、その借金の種類によって変わります。
例えば消費者金融で時効の援用の対象になる時効期間は5年、友人からの借金の場合は10年です。

以下が借金の種類による時効の期間の違いです。

借金の時効の解説図

時効援用の5つ大きなハードル

時効の援用を成立させるためには5つの大きなハードルがあります。

それが、

1.時効は「借りた日」からではなく「最後に返済した日」から5年後。
2.債権者(貸した側)から内容証明郵便による借金の催促があれば時効は中断される。
3.裁判所への差し押さえ、仮押さえ、仮処分の申し立てなどの法的手続きが行われると時効は中断される。
4.債務者(借りた側)が借金を認めるような言動・行動をすると時効は中断される。
5.時効が過ぎても「援用」手続きをしなけば時効は成立しない。

の5つです。

以下それぞれ解説します。

1.時効は「借りた日」からではなく「最後に返済した日」から5年後

時効の援用で勘違いしている人が多いのが時効がカウントされるタイミングです。
借金の時効は、借金した時からではなく、最後に返済してからです。

つまり5年以上 “返済から逃げている期間” がないと時効の援用は成立しません。

2.債権者(貸した側)から内容証明郵便による借金の催促があれば時効は中断される

債務者が返済から逃げている間も、債権者から内容証明郵便による催促があれば時効は中断されます。

個人間の借金ならいざしらず、消費者金融が返済しない債務者をそのままにしておくはずがありません。
消費者金融側も、時効を成立させないためにできることの全てを施行してきます。
当然内容証明郵便による催促も何度も何度も行いますから、この時点で時効の援用を成立させることはかなり難しくなります

3.裁判所への差し押さえ、仮押さえ、仮処分の申し立てなどの法的手続きが行われると時効は中断される

これも内容証明郵便による催促と同様、消費者金融側が必ずしてくる施策です。
とにかく消費者金融も貸付金を回収できなければ赤字ですから、ありとあらゆる手を尽くしてきます。

4.債務者(借りた側)が借金を認めるような言動・行動をすると時効は中断される

具体的には、あなたが「近日中に返済します」「給料が入ったら入金します」などの主旨のことを口頭や文章で債権者に伝えてしまえば、その時点で時効は中断されるということです。

ですから、消費者金融からの電話に出て「わかりました、なんとかその日までには…」といった発言をしただけでも時効は中断されてしまいます。

5.時効が過ぎても「援用」手続きをしなけば時効は成立しない。

1~4の条件を全てクリアしていたとしても、最終的にあなたが「時効の援用」の手続きをしなければ時効は成立しません。

時効の援用手続きは、内容証明郵便で「消滅時効の主張」をします。
内容証明郵便は文字数や行数が定められており、また、同じものを債権者用、郵便局控え用、そして本人控え用に3通用意します。

ただ、自分で書類を作成するのは簡単ではありませんし、そもそもあなたが時効の援用申請する権利があるかどうかは自分ではなかなか分かりませんから、ほとんどの場合において、時効の援用手続きは弁護士に委託することになると思います。

とはいっても時効の援用手続き自体は珍しいものではありませんから、弁護士費用も10万円以内で納まると思います。

現実的には難しい時効の援用

いかがでしょう?時効の援用がいかに難しいがお分かりいただけたでしょうか?

特に、

・債権者(貸した側)から内容証明郵便による借金の催促があれば時効は中断される。
・裁判所への差し押さえ、仮押さえ、仮処分の申し立てなどの法的手続きが行われると時効は中断される。

の2つは消費者金融は必ず施行しますから、そうなってくるとほぼ時効の援用はできないということになります。
すくなくとも専門家の力を借りずして、自分1人で時効を成立させるのは不可能でしょう。

インターネット上には「時効の援用で借金をなくそう」といったWEBサイトが氾濫していて、借金で悩んでいる人に希望を持たせるようなことが書いてありますが、実際こういったサイトは弁護士事務所関連のサイトで、あくまで顧客獲得のために甘いことが書いてあるように思います。

また、時効の援用は永遠にあなたの信用情報として残ります。
そうなれば以降、借金はもちろん、ローンも組めませんし、クレジットカードもつくれません。

そういったことも全て理解した上で、今の借金をどうするか考える必要がありますね。

-金融お役立ち記事
-,

Copyright© 街金ポータル , 2019 All Rights Reserved.