審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

金融お役立ち記事

携帯代滞納でブラックリストになった人がお金を借りるには?

更新日:

スマートフォンが普及してからというもの、携帯代の未払いでブラックリストになってしまう人が急増しているのをご存知でしょうか?

さらに困ったことに携帯代の未払いでブラックリストになった人の多くが自分がブラックだということに気が付いていないと言われてます。

よくあるパターンとしては、学生時代やフリーター時代に携帯代の未払いでブラックリストになってしまい、社会人になってからカードローンの審査や、車のローンの審査に通らないことで、はじめて自分がブラックリストになっていることに気が付くのです。

ということで、この記事では携帯代の未払いでブラックリスト入りした人がお金を借りる方法等をご紹介します。

携帯代の滞納が原因でブラックリストになる、が、原因は通信費ではない

携帯代の未払いでブラックリストにはなりますが、それは通信費の未払いが原因ではありません。
実は、携帯端末代、つまり携帯本体代の滞納がブラックリストになる原因です。

iPhoneなどのスマートフォンは、本体が5万円以上と高額なため、一括で購入するのではなく、毎月の通信料と合わせて、本体代を分割で支払っている人がほとんどではないでしょうか?

ということは、毎月の携帯代の支払いが遅れるということは、携帯本体のローンの支払いが遅れることと同じことになります。

そしてこの携帯本体代の支払い状況がCICのような信用情報機関に登録されているのです。

これを説明すると「でも俺のプランは端末(本体)は実質0円だよ」という人がいますが、実質0円とは、端末代だけ通信基本料を割り引いているだけで、端末代が0円というわけではありません。
だから “実質尾0円” と “実質” という言葉がついているのです。

ただし、端末の支払いを全額終えている場合は、毎月の通信費の支払いが遅れてもブラックリストになることはありません。

最近はsimフリーのau、docomo、siftbank以外の格安携帯会社を使い、端末はアップルストアなどで購入する人が増えていますが、そういう人なら毎月の携帯代の支払いが遅れてもブラックリストにはならないということです。

ただし、端末をローンで購入していた場合は、その支払いが遅れれば当然ブラックリスト入りします。

なお、経済産業省も携帯電話の分割払いの未払いに対して注意勧告を出しています。
また、政府広報オンラインでも、携帯端末代の滞納でブラックリスト入りしてしまうことに対しての注意勧告を出しています。

携帯端末代の滞納でブラックになった人がお金を借りるには?

同じブラックリストでも、自己破産などの債務整理をした人や、多重債務者に比べれば、携帯端末代の未払いでブラックリストになった人の程度は軽いと言えます。

一度ブラックリストになると本当の意味での時効は無いと言われてはいるものの、携帯端末代の滞納が原因でブラックリストになったのであれば、あなたの信用情報からその記録が削除されれば、それ以降はそれほど影響することはないでしょう。

関連記事:消費者金融の時効の援用はハードルが高いという悲しい現実
関連記事:ブラックリストの敵!消費者金融の与信スコアリング審査とは?

なお、携帯端末代の滞納が原因でブラックリストになった場合の時効は5年ですから、5年経てば(他に問題がなければ)お金を借りることができるようになるはずです。

しかし、逆に言えば5年経たなければ、消費者金融からお金を借りることも、クレジットカードを作ることもできないということになります。

ただし、大手の消費者金融では無理でも、中堅以下の消費者金融なら借りることができる可能性はあります。

当「街金ポータル」が紹介している消費者金融、とくに「ブラックキャッシング窓口」と「平日早朝ブラック窓口」なら、携帯端末代の滞納でブラックリストになった程度なら、ほぼ確実に借りることができます。

まとめ

携帯代の滞納は、携帯端末代のローンを滞納していることと同じです。これは「実質0円」でも同じです。

一括で携帯端末代を支払った方以外は毎月の支払いに遅れないようにしましょう。

フリーターや学生のころはクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなくてもそれほど気にならないかもしれませんが、社会人になると、いろいろと物もお金も必要になります。

十分に気を付けるようにしてください。

-金融お役立ち記事
-, ,

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.