審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

金融お役立ち記事

無職でもお金を借りるには?キャッシング知恵袋

更新日:

無職でお金を借りる方法はあるのでしょうか?
街金ポータルが独占してご案内している「ブラックキャッシング窓口」「平日早朝限定のブラック申込み可金融」なら無職でも借りられることはありますが、より確実に借りるにはコツがあります。

この記事では現在無職の人がお金を借りるコツをご紹介します。

基本無職ではお金を借りるのは難しい

基本的に無職ではお金を借りるのは難しいと言わざるを得ません。

関連記事:無職でも即日融資の消費者金融紹介

日本では昔から「借金で住むところを失った」だの「借金で蒸発した」だの、借金した側のリスクばかり取り上げられます。
しかし実際はお金を貸す側のほうにも当然リスクがあるわけです。

ですから、無職で収入の無い、つまり返済する術のない人に、無担保、保証人無しでお金を貸すことはほぼありません。

働いているだけでは借りれない?

無職で審査に通ることはほぼ無いというのは先述した通りですが、単に仕事をしていれば借りれるということでもありません。

たとえばアコムやモビットといった大手のカードローン会社では、働いていることは当然として、給料の金額、ボーナスの有無、役職、勤務形態、さらには勤続年数も非常に重要になってきます。

つまり、働いていても、

●給料が安ければ審査に通らない
●ボーナスがなければ希望金額は借りれない
●役職がなければ希望金額は借りれない
●勤務形態が正社員でなければ審査に落ちる
●勤続年数が2年以上じゃないと審査に通らない

といったことが起こり得るわけです。
もちろんこの他にも審査にはいろいろな要素が絡んできます。

では中堅の消費者金融はどうでしょう?
例えば当サイトでも紹介している「ご融資ドットコム」や「キャッシングエニー」。

これら2つの消費者金融は大手と比べれば随分審査が甘いと言えますが、それでもやはり無職では審査に通りません。

しかし、この2社は「二ヶ月分の給料明細」があれば基本的には借りることができます。その際、役職や勤務形態は関係ありません。

「ご融資ドットコム」や「キャッシングエニー」は中堅の消費者金融として、それなりに知名度はありますが、大手と比べるとすでにこれほど審査に違いが出てくるというのは興味深いのではないでしょうか?

勤続1ヶ月以下でも借りれる金融に申し込むのがコツ

現在無職でお金を借りるコツ
ではいよいよ「現在無職の方が借りる方法」です。

それは、とにかくどんな仕事でも、勤務形態でも、給料がどれだけ安くでも構いませんから、とりあえず仕事を探し、さらに勤続1ヶ月以下、というより在籍確認さえ出来れば借りられるような、小規模の街金に申し込むことです。

借入審査に申し込む時は、どんなに小規模の、どんなに簡単審査の消費者金融でも必ず職業記入欄があります。
ここに何も書けないようでは審査に通過することは難しくなります。

ですから、とりあえずアルバイトでも、夜勤でも、日雇いでも、何でも良いので仕事に就き、職業記入欄に、ご自身の職業を書けるようにしてから、勤続1ヶ月以下でも借りられる消費者金融に申し込めば審査に通過する確率はグッとあがります。

ちなみに、勤続1ヶ月以下でも借りられる消費者金融とは「ブラックキャッシング窓口」「平日早朝限定のブラック申込み可金融」のようなところです。

仕事は、もちろん続けられる仕事が理想ですが、緊急でお金を借りたいなら、とりあえず採用してもらえるところを優先しても良いでしょう。お金を借りてから、じっくり自分の理想の仕事を探しても良いと思います。

いずれにせよ貸す側も返済する意思の無い人にお金を貸すことはありません。
返済する意思があるということを示す意味でも、仕事に就くということは重要になります。

まとめ

無職だからお金がない、だからお金を借りたい、、。

気持ちは分かりますが、落ち着いて考えればそれは理屈が通らないということはお分かりいただけると思います。

借金は貸す側のほうがリスクを伴います。返済出来ない人に貸すことはありません。

返済する意思がある、ということを示す意味でも、とりえず(言葉は悪いですが)何でも良いので仕事を探すことが、確実に借りるコツです。

「ブラックキャッシング窓口」「平日早朝限定のブラック申込み可金融」なら、勤続日数に関係無く、仕事が見つかったら直ぐに申し込んでも借りられる可能性大ですよ。

-金融お役立ち記事
-,

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.