審査の甘い中小消費者金融を紹介中

街金ポータル

金融お役立ち記事

いつまで審査に落ちる?ブラックがキャッシング可能になるタイミング

更新日:

消費者金融でキャッシング審査に通過しないブラックの方は「自分はいつになったら借りれるようになるのだろう?」と“ブラックリストの時効”を心待ちにしている方がいます。

ただ、これまで私が触れてきたいくつかの事実から想像するに、正直、ブラックリストに完全な時効はないのでは?
と思わざるを得ないこともたくさんあり、時効を待つより当サイトで紹介しているような審査基準の緩い消費者金融に申し込んだほうが早いのでは?と思わないでもありません。

関連記事:他社全滅歓迎!ブラック申込み可の消費者金融紹介中

それはさておき、ブラックリストに載ってしまうと、消費者金融や銀行での貸付が受けられないばかりでなく、クレジットカードも作れなくなりますし、普通のローンも組めなくなります。

さすがに一生クレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなくなるのは困りますよね?

というわけで今回は自分がブラックリストに載っているか確認方法と、ブラックリストの時効について解説します。

自分がブラックだと気付いていない人もいる

「自分は過去に借金したこともないし、仕事もしているのに何故か大手消費者金融の審査が全滅だった」

という人がいますが、この場合、本当はブラックリストなのに、そのことに気がついていないということも考えられます。

ブラックリストになる要因は、返済滞納、自己破産、債務整理など、借金がらみだけではありません。
保証会社を使った賃貸の家賃の延滞・未払い、携帯代の滞納、クレジットカードの取引歴、犯罪歴などもすべてブラックリスト入りの原因になります。

携帯代の未払いで何度も携帯を止められている人なんて珍しくありませんよね?でもそういった人たちも本人も知らない間にブラックリスト入りしているかも知れないのです。

関連記事:いまさら聞けない消費者金融の審査に落ちるブラックリストとは?

自分がブラックリストか確認する方法

少しでも知名度の高い消費者金融で借りたいなら、自分がブラックリストかどうかを確認しておいたほうが良いでしょう。

もしあなたがブラックリストなら、大手はもちろん、準大手も、中堅の消費者金融でも審査に通過することはありません。
それこそ当サイトがスマホ専用窓口で紹介しているような、かなり知名度の低い小規模の消費者金融(街金)でないとまず借りられません。

ブラックリストとは、あなたの「信用情報」に金融事故歴などが記載されている状態のことを言います。
ですから自分がブラックリストかどうか確認するということは、この「信用情報」に過去の金融事故暦が記載されているかどうか確認するということになります。

CICで自分の信用情報を確認する

自分がブラックリストかどうかを確認するのに一番確実な方法は、「CIC」という指定信用情報機関に保管されているあなたの信用情報を照会してもらうことです。

下の図をみてください。

このように「CIC」で照会した信用情報の「お支払い状況」という項目の「返済状況」という欄に「異動」と記載されているとブラックリストとして扱われると思ってください。

なお「CIC」で信用情報を照会するには

(1)ネットで閲覧する方法:手数料1000円

(2)郵送で送ってもらう方法:手数料1000円

(3)窓口で開示する方法:手数料500円

の3つの方法があります。

支払い方法などの詳細はCIC公式HPから確認してください。

事実確認でも自分がブラックか知ることはできる

「CIC」で確認しなくても、事実確認で自分がブラックかどうか判断することは十分にできます。

先ほど信用情報に「異動」とついていればブラックリストだと説明しましたが、この「異動」とは具体的に下記の3つの条件のどれかに当てはまった状態のことを言います。

(1)61日以上、もしくは3ヶ月以上の返済、支払いの遅れがある

(2)債務者(あなた)に変わって保証会社や連帯保証人が返済したもの

(3)裁判所が破産を宣告したもの

(3)に関しては自己破産、債務整理のことなので本人も十分ブラックだと自覚していると思いますが、(1)と(2)は本人がブラックと自覚していない場合があります。
ただ、先述したように保証会社を使った賃貸の家賃の延滞・未払いや携帯代の滞納などは十分(2)と(3)に当てはまりますよね?
つまりこういった事実があればブラックリストである可能性が極めて高いということになります。

ブラックリストの時効

ブラックリストには時効があると言われていますが、冒頭で申し上げたとおり、私が把握している事実を見る限り、ブラックリストの過去が完全に消え去ることはありません。

たとえ信用情報から「異動」の二文字が消えていても、「異動」と記載された事実はどこかのデータベースに保管・共有されているのは間違いなさそうです。

でないと、自己破産した私の知人が、自己破産後十数年たち、既に社会復帰しているにもかかわらず大手消費者金融の審査に通らないというのは説明がつきません。

ですから「時効=消える」のではなく「時効=薄れる」と認識しておいたほうが無難でしょう。

一般的に信用情報から「異動」が消えるタイミングは以下のようになっています。

61日以上の遅延 5年
3ヶ月以上の遅延 5年
債務整理(任意整理、特定調停、個人再生) 5年
自己破産 7年~10年
代理弁済(債務者本人以外が返済すること) 5年

ショッピングのローン程度などであれば、上記の時効が過ぎれば組めるようになるでしょう。

ブラックは時効を待つより借りられる街金を利用しよう

ブラックに時効があるとしても、そもそも今お金が必要なのに時効まで待てるかと言えば、それは難しいでしょう。

また5年、10年といった時効を待ったとしても、ブラックリストであった事実はデータベースに保管され、いつまでも共有されていますから、将来的にも借りられるようになる可能性は低いと言わざるを得ません。

であれば、今、ブラックでも借りられる可能性のある消費者金融に申し込んだほうが賢明かもしれません。

しかし、大手はもちろん、準大手~中堅の消費者金融でもブラックはまず審査に通過しませんから、借りるならさらに知名度を落とす必要があります。

その点、当街金ポータルで紹介している消費者金融群なら知名度も低く即日で借りられる可能性は十分ありますし、特にスマホ専用申込み窓口、早朝限定申込み窓口は、今このタイミングでWEB上で一番審査の甘い消費者金融をご紹介していますので、是非ご活用ください。

-金融お役立ち記事

Copyright© 街金ポータル , 2018 All Rights Reserved.